2017年 九州夏・秋パーマカルチャーデザイン&実習集中(基礎編)コース

Home / 2017年 九州夏・秋パーマカルチャーデザイン&実習集中(基礎編)コース

開催趣旨

地球規模での環境の劣化や、資源の枯渇だけではなく、地震の多発などにより、大きなシステムに頼った経済活動や生活が持続可能ではないことに、世界中の多くの人たちが気付き始めています。個人の自律的な生活、そして地域の資源に基づく生産とそこに住む人々の様々な能力を生かした産業こそが、豊かな未来を紡いでいくのではないでしょうか。九州で6年ぶりにパーマカルチャーのデザインコースを開催します。今回は福岡での開催となります。暖かく、自然条件に恵まれた九州で、持続可能な生活作りもう一度考えてみませんか。


期間

前半:2017年7月14日(金)〜7月17日(祝)(3泊4日)
後半:2017年9月15日(金)〜9月18日(祝)(3泊4日)


主催

パーマカルチャーセンタージャパン


共催

パーマカルチャーネットワーク九州


開催場所

フォンターニュの森 福岡県久留米市田主丸町益生田2292-12
*宿泊もこの場所になります


内容

パーマカルチャーの基本的な考え方や手法についての講義と実習
*下記スケジュールを参照ください。


参加費

参加費は前半と後半両方の参加費となります。

  • PCCJ会員70,000円
  • 一般80,000万円
  • 学生60,000円

問い合わせ及び申込先

パーマカルチャーセンタージャパン

〒252-0186相模原市緑区牧野1653

Tel.042-689-2088

Tel.090-3245-0041

mail :info@pccj.jp

*参加希望の方は上記まで、連絡先の住所と電話番号、メールアドレス、及び簡単な自己紹介を明記の上、メールにてお申し込みください。参加の案内とテキストなどをお送りします。


カリキュラム

【第1回】
7/14(金)

「パーマカルチャーの基本1」
オリエンテーション

・自己紹介

・ベーシックデザインコース全体像の把握

−コースの過程と目標像

講義

・パーマカルチャーの背景と哲学

−パーマカルチャーは世界を森にすることを目指す
−人は誰でも百一姓

・パーマカルチャーの基礎「自然を読み解く力」

−自然に直接触れ、感じる力
−自然と共に生きる文化を引き継ぎ、創造し、次世代に引き渡す力
−自然の本質を模索し表現する力

実習

・実践例の研究1

−個人宅での取り組み

7/15(土)

「パーマカルチャー基本2」

講義

・パーマカルチャーの倫理

−自己に対する配慮
−自然に対する配慮
−人に対する配慮
−余剰物の共有

・土壌と土作り

実習

・土壌調査
・ぼかし肥作り

7/16(日)

「パーマカルチャーの基本3」

講義

「パーマカルチャーデザインの原則1」

・循環性
・多重性

「パターンとシステム」

実習

・パターンを利用したプロダクトデザイン
・畑の整形と植え床作り
・積層マルチ作り

7/17(祝)

「パーマカルチャーの基本4」

講義

「パーマカルチャーデザインの原則2」

・多様性
・合理性

実習

「環境の観察と意味の解釈」

【第2回】
9/15(金)

「パーマカルチャーの基本5−デザイン」

講義

「デザインの意味と役割」
「パターンとシステム」

実習

「土地利用のデザイン」

9/16(土)

「パーマカルチャーの応用1-家づくりの基本」

講義

「風土を活かした建築」
「建築とセルフビルド」

9/17(日)

「パーマカルチャーの応用2−エネルギーと水」

講義

「エネルギーとは何か」
「エネルギーの利用」

 

実習

「ロケットクッカー作り」

9/18(祝)

「パーマカルチャーの応用3−農園づくり」

講義

「農場のデザイン」
「コンパニオンプランツの利用」
「動物と虫の利用」

実習

「コンパニオンプランツを生かしたギルドづくり」
「種まきと苗の定植」

エンディングディスカッション

「未来を創る生活」

16:00 終了




 Previous Next