-受付締切-2020年オンラインパーマカルチャーデザインコース

Home / -受付締切-2020年オンラインパーマカルチャーデザインコース

-募集定員に達したため、受付を締め切りました。ありがとうございました。-

2020パーマカルチャーデザインコースオンライン講座

ー開催趣旨ー
現状として、持続可能とは生き続けることを意味するようになっていると言っても過言ではないように思われます。生活、経済、社会、そして自然までもが大きな変化の時を迎えており、しかも、その変化の先にある未来に希望よりも不安を感じさせてしまう出来事が世界中で、しかも途切れることなく起きています。
パーマカルチャーは、自然に学び、伝統的な文化に学びながら、人間の創造力を高める事でよりゆたかな命を育むことができる地球をデザインし、作りあげて行くことを目指しています。既に世界中の人々にその価値を認められており、様様な形で実践され、着実に持続可能な生活と世界のあり方を形にしています。
既に日本においても、各地においてパーマカルチャーを学ぶための講座やワークショップが開催されており、多くの方が学んで、既に実践に入っています。それでも、まだ国際的に認められているパーマカルチャーデザインコースを学ぶ場はまだまだ少ないというのが現状です。
また、パーマカルチャーの実践の場に通うことには、その場でしか見い出すことができない学びがあることは決して否定できませんが、そのための費用や時間は、地域に住む人にとっては負担になることもあるかと思います。
そこで、より多くの方に、少ない負担でパーマカルチャーを学んでいただくことを目的として、このオンライン講座を開催することとしました。実験的に行なったオンライン講座では多くの人がお互いの顔を見ながら学ぶことができるなどの、オンライン講座ならではの利点もあることも確認できました。
また、週に一度づつの講座とすることで、パーマカルチャーの学びをより身近にすることができるのではないかとも感じています。
初めての試みでもあり、まだ、未知数であったり、未塾な部分も多々あるかとは思いますが、それだけに、新鮮なものとしてパーマカルチャーをお伝えすることができるのではないかと思います。
生き延びるだけではなく、よりゆたかな生活と社会を創いて行くことを目ざす方々の参加をお願いします。


期間

2020年9月〜2021年8月

オンライン講座:毎週水曜日 20:00~21:30(計44回)

face to face講座
1. 2020年10月18日(日)10:00~14:00 自然観察 於藤野
2. 2021年7/31-8/1に藤野のパーマカルチャーセンタージャパンにて卒業制作としてプロジェクトデザインを行います

*講義については録画しますので、後で見直すこともできます。


参加費

一般85,000円
(受講代およびPCCJでのプロジェクトデザイン合宿の宿泊費と食事代を含みます)

シングルマザー、自然災害被災者の方は無料で受講できます。


講師

池竹則夫
植物調査の専門家、植物の見分け方などばかりでなく、有用性などにも精通

神谷博
建築家。水みちや宅地での水の利用の仕方など水利用の専門家

設楽清和
国際認定パーマカルチャー・デザイナー。文化一般、コミュニティ

山田貴宏
建築家、自然素材や、自然エネルギーの利用など、実践的な建築を得意とする

四井真二
土壌の専門家

杉野 元
プランナー、デザイナー兼プロデューサー。自給農生活を経て、藤野に転居したことをきっかけにパーマカルチャーと出会う。以降毎日が発見と驚きの日々

川口奈緒美
山梨県上野原市西原在住。伝統的な暮らしと農を学びながら実践中。雑穀を使ったお菓子の制作と販売もおこなっている


スケジュール・内容

9/2
講義・パーマカルチャーの歴史と課題
担当 設楽

9/9
講義・パーマカルチャーの概略
担当 設楽

9/16
ディスカッション ・持続可能な社会とは
担当 設楽

9/23
講義・自然と人1−個人・科学・文化
担当 設楽


10/7
講義 ・自然と人2
担当 設楽

10/18
実習&ディスカッション・
・自然観察
*藤野での現地開催になります
開催時間11:00~14:00
担当 池竹

10/21
講義 ・PCの倫理1
-自由と倫理の関係
-自己に対する配慮
担当 設楽

10/28
講義 ・PCの倫理2
-地球に対する配慮
-余剰物の共有
担当 設楽


11/4
講義 ・文化の生成と文化の役割
担当 設楽

11/11
講義
・デザインの意味と役割
・デザインの思考方法とプロセス
担当 杉野

11/18
講義 ・システムとパターン
担当 設楽

11/25
講義 ・パーマカルチャーの原則1
-循環性と多重性
担当 設楽


12/2
講義
・パーマカルチャーの原則2
・合理性
担当 設楽

12/9
講義&ディスカッション
・気候変動と自然災害
担当 設楽

12/16
講義 ・土壌1
担当 四井

12/23
講義 ・土壌2
担当 四井


1/6
講義 ・植物とは何か
担当 池竹

1/13
講義 ・植物の役割
担当 池竹

1/20
講義 ・微生物の役割
担当 設楽

1/27
講義
・野生動物と家畜
担当 設楽


2/3
講義 ・水の利用
担当 神谷

2/10
講義
・エネルギーとその利用
担当 鈴木

2/17
講義 ・建築とは
担当 山田

2/24
講義 ・環境を考えた建築
担当 山田


3/3
講義 ・農業の歴史と意味
担当 設楽

3/10
講義 ・農場のデザイン
担当 設楽

3/17
講義&実習 ・コンパニオンプランツを使ったギルド作り
担当 設楽

3/24
実習 ・自由な発想
担当 設楽


4/7
講義 ・空間の意味と歴史
担当 設楽

4/14
講義
・ランドスケープデザインの歴史
担当 設楽

4/21
講義・庭のデザイン
担当 設楽

4/28
講義 ・コミュニティガーデン
担当 設楽


5/5
講義 ・都市とは
担当 設楽

5/12
講義 ・パーマカルチャーによる都市のデザイン
担当 設楽・山田

5/19
講義 ・里山のデザイン
担当 設楽

5/26
実習 ・コミュニティガーデンのデザインの発表
担当 設楽


6/2
講義 ・コミュニティと文化
担当 設楽

6/9
講義 ・コミュニティの役割
担当 設楽

6/16
講義 ・地域に生きる
担当 川口

6/23
講義 ・ケーススタディ
担当 杉野


7/7
講義 ・世界システムと新しい経済
担当 設楽

7/14
実習&ディスカッション ・ケーススタディーの発表
担当 杉野

7/21
講義と実習 ・アイディエーション
担当 杉野

7/28
講義と実習 ・コンセンサス作り
担当 設楽

7/31-8/1
プロジェクトデザイン
※藤野での合宿


申し込み方法

参加者の氏名と年齢、連絡先(郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス)、及び簡単な自己紹介と得意分野、このコースに望むことをお書き添えの上、下記どちらかのパーマカルチャーセンタージャパンの連絡先までお送りください。

エントリーページ
http://pccj.jp/entry/

メール
info@pccj.JP

ファクス
042-689-2224



 Previous Next